一生NEWS坦 NEWSについて 熱く語ります
2015/10/10(土)23:17
山登りしたっきり更新してなかったので
ここ最近の出来事を


この気持ちを忘れない為に書きます


楽しい話しではありませんので
御了承ください






父の病気が急変し
家族で病院生活をしています


実際急変したのは
山登りした日の夜中だったんですが
父と母は夜中だからと誰にも知らせず
連絡を受けたのは翌6日の午後でした


聞いたこともない大きな病院に呼ばれ
ERで寝ていた父は…
いつも通りの父でした
もっと酸素ボンベに繋がってるんだと思ってたんで安心したんですけど
ERの医師からの説明は絶望的でした



父はガンなんですけど
最初にガンが見つかったのが2010年
その知らせを聞いたあたり
テゴマスのあいの発売で
夜は星をながめておくれを聴いて
子供の様に泣きじゃくったのを覚えてます


最初に出来たガンは内視鏡手術で取り除き
1週間で退院
その後数年再発もなく過ごしてました


2014年顔色が悪いんで聞いてみたら
ガンが転移してるって知りました
父は(娘に迷惑かけない)が信念で
まず知らせてこないんです
私もそれに甘えてたのも事実だけど


そこから新しい抗ガン剤を始めたんですけど
これが以前に書いた
(父の性格が変わってしまう)強い薬でした


そしてもしかしたらこの抗ガン剤の副作用でか
今度は甲状腺にガンが出来てしまったんです


ちょっと前までホント元気だったんです
内蔵のガンは小さくなってたし
ゴルフに行けてたりしたんで
私もチャンスとばかりに北海道旅行したし
(心の片隅にいつも電話くんなよーだったけど)


この前実家に寄った日もゴルフで留守だったけど
母が言ってた「お父さん喉の調子が悪い」を
薬のせいで荒れちゃったレベルだと軽くみて
飴なんか買ってた自分に落ち込んだよ
その時点でちゃんとすれば良かったんだよ


急激に大きくなった甲状腺のガンが
呼吸器を圧迫してしまい
ERでももう処置できない状態
今は呼吸しているけど
いつ呼吸が止まってもおかしくなく
ガンが大きすぎて喉を切開しての呼吸器も無理


つまり
内蔵のガンは調子よく体も脳もまだ生きられるのに
呼吸が出来なくなったら手の施しようなく終わるのを
ご家族でお待ちください状態


ERに一人しか家族は残れないので
例え倒れてもここは母を残そうと決めて
まず妹一家を帰し
私は売店で父の寝巻きを買って着替えさせました
着替え途中に父が
「もういいからお姉ちゃんも帰んなさい」って言うから
「寝巻き代はのちのち請求するぜーw」ってふざけて帰りました


2~3歩歩いて振り替えったら
父が寝巻きのズボンを履き替えてて
これが最後かなって思って
ERの扉を出た瞬間泣き崩れました


その夜は現実が理解できないし
いつ鳴るかわからない電話に怯えました


次の日 父の通院してた
わりと実家から近い病院に転院
そこでも主治医の先生から同じ事を言われ
緩和ケアの先生(モルヒネとかの)が担当になり
いかに痛くなく…穏やかに…最後を…
そんな入院生活が始まりました


付き添いの母の食事を作り
実家によって朝刊を取って病院へ行き
病院から実家によって夕刊取って帰る日々


父、母、私、妹で病室ランチは楽しく
父も病院食完食してた
モルヒネが効いてるのかとても元気だし
父にはモルヒネとは言わず
喉の通りを良くする薬って伝えました
(父は全てわかってますがそれでも)
全て理解した大人4人が
つとめて明るく過ごす空間は
時に全てが嘘なんじゃないかくらい楽しい空間です


夕方には病室を後にして
実家によって夕刊取って帰るんですけど
今日は主治医の先生が話しがあるから
夕方帰らないで待っててくれと言われ待ってました


「お父さん食事も取れてるし
甲状腺の腫れがひいてきたのでこのまま待ってるんじゃなく
新しい治療法やってみませんか」


もちろん即答で「やります!」
先生の前でベソ顔で答えました


何もしないで待つなんて
もちろん仕方のない状態だったんだけど
全然覚悟できてなかったし
どうしても納得できなかったんだよ
(説明聞けば納得せざる…だったけど)


そして明日から新しい抗ガン剤にチャレンジします
うまく甲状腺のガンが小さくなれば
呼吸さえ止まらなければ父はもう少し生きられます


もちろん副作用がどう出るかわからないので
明日悲しい思いをするかもしれません


だけどただ待つ…よりは
父も家族も悔いは残らないです


後はいい方向になるように祈るしかできない
父が頑張っているのを毎日支えて行きます
お母ちゃんが倒れない様に優しくしてます
妹が押し潰されちゃわないように…
(妹のが数倍シッカリしてんだ)


私が押し潰されちゃわないか…は
看護師長さんが「あなたダメそうだったら心理カウンセラー呼ぶ」って言ってくれてる
(え?母も妹も言われてないのになんで?)


でもねでもね
ERの扉の外で泣いたっきり
泣かないでちゃんとやってるんだよー
夜も泣きべそかく前にバタンキューだし


とにかく
ファザコンとんちゃん超頑張ってるんだ
だからヲタ活全然無理なんだー
ちょっとさみしいけど置いてかないでねーw


あとね LINEもメールも着信も
病院とか親戚とかの連絡で使ってるから
返信できないんでヨロシクです


それじゃ!(^-^)/頑張るよ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/10/11(日) 00:24 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/10/11(日) 01:41 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/10/11(日) 02:24 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/10/11(日) 08:58 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/10/11(日) 09:38 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
読みに来てくださって
ありがとうございます

ランニング折り返し地点

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
 | ☆たたったたん☆TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX